不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】

福岡で不動産売却を成功させるための必須情報

HOME » 不動産売買はじめてガイド [保存版] » 福岡で中古マンションを売却する際の3つの注意点

福岡で中古マンションを売却する際の3つの注意点

中古マンションの売却は少しの差でかなり価格が違ってしまうもの。
できるだけ高く売却するために、注意すべき基本的な3つのポイントを取り上げます。

1. 複数の不動産会社に査定を依頼する

中古マンションを売却するには、まずその相場を正しく知ることが大切。

しかし、中古マンションの査定には、築年数、広さ、間取り、住所、設備、階数など、さまざまな要素が関わってきますから、知識のないまま相場を判断するのは難しいことです。

プロである不動産会社に査定を依頼することが確実ですが、不動産会社によっては専売契約を獲得するために、わざと相場より高い査定を提示する場合もありますし、査定基準、情報量によって価格が異なる場合もあります。

そこで、1社だけではなく、査定は複数の不動産会社に依頼するようにしましょう。

また、誰もが知っている信頼できる大手の会社だけではなく、地域密着の会社にも依頼しておくなど、形態の異なる複数の会社に査定してもらうのがおすすめです。

2. 売却に焦りは禁物

急いで売却しなくてはいけないという状況もあることと思いますが、相場以下で売却することは避けたい場合、やはり焦りは禁物です。

買い手としては、できるだけ安く買いたいのが当然のことで、値下げ交渉をしてくることもありますが、売り手として必ずしもそれに応じなくてはいけないわけではありません。不動産会社も売り手に妥協するよう促すことも多いようですが、もう少し待ったとき、もっと良い条件の買い手が現れることも少なくないのです。

こればかりは、そのときの状況次第にはなりますが、売却はできるだけ余裕を持って行うことがおすすめです。

3. 内覧の準備は怠りなく

内覧を希望してくれる人はその物件に対して本気で興味を持っており、実際に購入者になる確率は高いです。よって、内覧の際の部屋の印象は大切ですので、準備は怠りなくしたいもの。壁紙の張替、木部のクリーニング、畳、ふすま、障子張り替えなど簡単なリフォームはそれほどお金がかからずできますが、部屋の印象を変えることができます。

玄関周り、水回りなどをクリーニングしておくと清々しく生活できるイメージが湧きますのでかなり好印象になるでしょう。室内の空気の入れ替え、消臭剤を利用して、室内の臭いをクリアーしておくことも忘れずにしておきましょう。

ページトップ

不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】