不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】

福岡で不動産売却を成功させるための必須情報

HOME » 不動産売買はじめてガイド [保存版] » 確定申告への影響について

確定申告への影響について

不動産売却(福岡)をした場合の確定申告について調べました。

不動産売却した場合、確定申告はどうすればよいか

西日本では屈指の大都市として有名な福岡市。九州地方の中心都市ですし、多くの企業や大学などがあるため、福岡を拠点として生活をしている人も数多くいます。

つまり、福岡は不動産需要の多い土地ということができ、したがって土地の価格が比較的高額であると推測することができます。

さて、不動産売却というと基本的には大金が動くこととなります。売り手の場合は、税金や確定申告のことを考えなければなりません。

そこで、不動産売却が確定申告に、どのような影響をおよぼすのか説明しましょう。

不動産売却によって得られた収益は法律上では「譲渡所得」に分類されます。

「譲渡所得」の計算方法は、不動産を売却して得られた金額から、「不動産の取得にかかった費用」や「譲渡費用」を差し引いて算出します。

「不動産の取得にかかった費用」とは、不動産の購入費用や、そこからリフォームにかかった費用などの合計額を指します。なお、取得費用からは建物の減価償却費用は差し引かれます。

「譲渡費用」とは不動産売却をする際に業者などに支払った手数料などのことです。

「譲渡所得」は、税金を計算する際に特別控除を受けることができるので、売却した金額が少額の場合、税金を納める必要はないと考えられます。なお、特別控除の金額は譲渡の種類によって異なります。

個人の不動産売買としてもっとも多いのがマイホームの売却ですが、この場合は3000万円の特別控除を受けることができます。ただし特別控除額は、その年の譲渡益の合計で5000万円が上限となっていますので、注意が必要です。

もっとも、マイホームを売却した場合でも、よほど土地が値上がりして、高額の純利益を得なければ、税金を納める義務は発生しません。

したがって、一般個人レベルの取引であれば、確定申告にはさほど影響はしないでしょう。

ページトップ

不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】