不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】

福岡で不動産売却を成功させるための必須情報

HOME » 福岡で任意売却を検討する人におくる3つのこと » かかる期間と費用

かかる期間と費用

実際に任意売却が行われるときの流れと、必要な期間について一般的な例で順を追って見てみましょう。

任意売却の流れと期間

1.住宅ローン滞納の発生:2~3ヶ月

2.金融機関からの督促:3ヶ月程度

3.不動産仲介業者に相談

任意売却は法的手続きを伴う場合が多いため司法書士や弁護士の介入が必要。ですが、売却活動は通常の不動産売却と同様に行われるため、任意売却の経験が豊富な仲介業者に依頼するのが一般的です。

4.専任媒介契約の締結

不動産を売却するために不動産業者と専任媒介契約を結びます。

5.販売活動の開始

販売期間については金融機関が決定します。通常は3ヵ月から6ヵ月くらいの猶予が貰えるようです。

6.売買契約の締結

購入希望者が見付かったら売買契約を結び、代金の受領と抵当権の抹消、物件引渡しなどの手続きを行います。金融機関との間で何度も金銭の受け渡しや手続きが必要になるため、金融機関の店内の一室を借りて行われることが多いようです。

7.任意売却完了

不動産の売却が完了して住宅ローン契約も解除されます。
債務が残った場合の扱いについては、金融機関・担当者によって違いがありますが、一般的には無理のない程度の金額で返済する約束を行うようです。

任意売却にかかる費用

任意売却の費用と期間任意売却を行う際の費用については、売主の持ち出しは一般的に0円です。

実際には不動産仲介手数料や登記費用、司法書士や弁護士の報酬、引越し費用など多くの経費がかかりますが、これらの経費は不動産の売却代金から差引いて支払いが行われます。

ただし、任意売却の手続きに必要な住民票や印鑑証明書の取得費用、書類の郵送費などは自己負担になります。

マンションで管理費や修繕積立金の滞納がある場合にも、通常は任意売却した代金から滞納分が支払われるため、新たに費用が請求されることはありません。

固定資産税などの滞納がある物件を任意売却した場合は、滞納の期間や金額によって扱いが異なります。

ページトップ

不動産売却会社コンプリートガイド【福岡版】